©2019 by 足湯カフェ チットモッシェ

スピリチュアルコース

YAMATO AREA

チットモッシェから車で25分。温海地域北部の山戸(やまと)エリアはスピリチュアルスポットの宝庫です。決して有名な場所ではありませんが、ひっそり佇む巨木や神社の神聖な空気に心が浄化されていくような気がします。農村の美しい風景をすぐそばで感じられるのも魅力の1つです。ここでは日本の美しさが残る山戸エリアを満喫できるコースを紹介します。

巨木と絶景棚田
スピリチュアルツアーに出かけよう
 

正体はなんだろう?

​看板に書かれた“宮沢の巨木”

車でコース中心部の山五十川(やまいらがわ)地区に向かう途中に “宮沢の巨木”という看板が目に飛び込んできます。集落に少しだけ入り車を停め森へ向かって歩くと、そこに現れるのが4本の大きな木。中央の赤い鳥居に陣形を組んで囲むようにそびえる“トチノキ”です。

傍らを流れる小川の音を聞きながらじっとしていれば、ゆっくりと時間が進むような落ち着いた気分にさせてくれることでしょう。これから向かうスピリチュアルツアーへの期待値が高まります。

 

苔むした鳥居

​雰囲気抜群の神社

山五十川地区は杉山に囲まれ、村の中央を清らかな川が流れる農村です。このムラは全国でも珍しくお能と歌舞伎を同時に継承しています。“山戸能”(やまとのう)は平安時代初期、“山五十川歌舞伎”(やまいらがわかぶき)は江戸時代から始まったとされ、毎年春と秋に神事として神社で奉納されます。その神社こそが“河内神社”(かわうちじんじゃ)です。

川沿いにある神社の苔むした鳥居をくぐり、階段を登ると立派な木造の建物があります。手前にあるのが伝習館。奥にあるのが本殿です。自然と見事に融合した神社の佇まいは、この地域随一ではないでしょうか。

 

樹齢1,500年!?

​庄内最大級のパワースポット

山五十川を訪れたなら欠かせないのが“玉杉”(たますぎ)に逢いにいくことです。ムラの中心部から少し離れた場所に樹齢1500年、国指定の天然記念物の玉杉があります。ムラの御神木として大切にされてきました。

杉林の間を縫うように階段をあがっていくと、圧倒的な存在感を放つ巨木が顔をのぞかせます。「アレはなんだ!」と急ぎ足で近くまでいくと、これまたすごい。堂々とした巨木に声がでません。根本の周りだけでも20m近くもあるんだそうです。

ぐるっと1周をまわれるように設えてあるので左回りで進みます。角度を変えてみると違った姿を見せてくれるのでおすすめです。

ちょうど真裏ぐらいに立つと玉杉から見下ろすようにムラが見えます。この御神木がムラを見守り続けていたんだと感じる瞬間です。ゆっくり深呼吸して、玉杉からパワーをいただいて帰るといいですね。

 

​振り向き厳禁!

暮坪棚田の味わい方

あつみ温泉への帰り道に絶景スポットがあります。そこは“やまがた棚田20選”の1つ“暮坪棚田(くれつぼたなだ)”です。

目的地までは小さな車であればいくことができますが、道が狭いのでおすすめしません。おすすめはトレッキングです。塩造りしている吉野家の手前の駐車帯に車を停めて歩きます。景色のいい東屋まで20分ぐらいですので、十分歩ける距離です。

楽しむためのテクニックは「振り向かない」こと。東屋にいくまではひたすら我慢です。屋根のついた東屋に着いたら、そっと振り向きましょう。棚田とその先に広がる美しい日本海が「感動」をプレゼントしてくれます。

棚田は昔ながらの作り方をしているので、田植え、稲刈り、天日干しなど時期によってノスタルジックな風景に出逢えます。サンセットの時間に合わせていけば、自然と暮らしが織りなす特別なショーを見ることができることでしょう。

いかがだったでしょうか。山戸エリアには神秘的な場所がたくさんありましたね。歩くことが多いコースですが、その分普段行けないポイントまで行くことができます。運動不足を解消しながら、山戸エリアでパワースポット巡りを楽しんでみませんか。