©2019 by 足湯カフェ チットモッシェ

チットモッシェからバスに乗って約15分、日本海を満喫できる場所があります。鶴岡市の最南端にある鼠ヶ関(ねずがせき)は日本海のすぐそば。山形県有数の港町で、漁業や海のアクティビティが盛んな場所です。ここではユニークな場所やグルメを堪能できる鼠ヶ関エリアを満喫できるコースを紹介します。

​ユニークな港町にはまる
​鶴岡市の最南端

NEZUGASEKI AREA

​ユニーク港町コース

 

繋がっているのに島?

​“恋する灯台”に逢いにいこう!

鼠ヶ関のシンボル“弁天島”は港が整備される前までは島でした。潮の満ち引きで道ができ、その時にだけ島へ渡る。人々は弁天様を祀って海の安全と大漁を祈願していました。明治に入ると広島の厳島神社と景観が重なることから、厳島神社の名をいただき今に至ります。

お参りした後は島を一周お散歩。おすすめは左回りです。透明度の高い海を脇目に鼠ヶ関灯台を目指します。途中、波がバーンとなるところはスリリングですよ。(荒天候時はご注意)

 

難所を越えると、そこには絶景が広がります。西洋灯台に朱色の鳥居。バックには無限に広がる青い海。気分は一気に解放されます。なんでも、鼠ヶ関灯台はロマンンスの聖地として“恋する灯台”に認定されているんだとか。カップルは訪れないとです。

遠くに島が見えますが、粟島(あわしま)という新潟県の島。県境ならではの光景です。条件が良ければ佐渡島も見えるそうなので、運試しにもなりますね。

 

焼き加減が絶妙!

​浜のマストグルメ

庄内浜の風物詩といえばイカの一夜干し。弁天島に続く通りには浜茶屋があり、その場で焼きたてを食べることができます。スルメイカの一夜干しは乾燥させることで、水分が程よく抜け旨味が増すんです。“浜のかあちゃん”が火の入り過ぎない絶妙な加減で焼いたアツアツのイカにマヨネーズ、七味唐辛子、しょうゆ。口に運べば幸せ広がる浜の味です。

 

透明度に感動!

​シーカヤックがスゴイ

鼠ヶ関では人気のシーカヤックが楽しめす。「私にもできるか心配…」という方、安心してください。シーカヤックは初心者でも気軽に楽しめるアクティビティなんです。

インストラクターからレクチャーしてもらい、2人乗りのカヤックで海へ。漕ぎ出してみると安定感抜群なので、不安はいつの間にかなくなります。包み込まれるような穏やかな海。普段見ることのない海面スレスレからの景色。まるで海と一体になった気分です。

カヤックを停めて海中をのぞけば、透明度の高さに驚かされます。底まで見える海に日本海のイメージが180度かわることでしょう。のんびり海を満喫できるシーカヤックはイチオシ体験ですよ。

 

えっ、ホント!?

​盆栽からスタートした巨大松

“念珠の松”(ねんじゅのまつ)は美しい日本庭園に広がっています。樹齢は約400年で全長約20メートル。その姿がまるで龍が横たわっているようにみえるため“臥龍松”(がりゅうまつ)と言われています。耳を疑うような話ですが、この松は当時あった村上屋旅館のご主人が盆栽を植え替え、ここまで成長しました。今でも伸び続けているんだそうです。

念珠の松を主役にした美しい日本庭園はベンチからゆっくり観賞できるので、旅の箸休めにちょうどいい穴場スポットです。

 

ココは山形県?

ココは新潟県?

県境といえば川や山がほとんどですが、鼠ヶ関にある県境はとってもユニークです。集落内に突然現れます。お隣さんなのに、車のナンバーが“庄内”と“新潟”で違う。郵便屋さんも県境でUターン。なんとも不思議な場所です。県境碑がある道路には中央の線を境に山形県と新潟県と書かれているので、またいで記念撮影はいかがでしょうか。

 

ミネラルたっぷり

​メイドイン日本海の絶品塩

県境から10分ほど歩くと“ミネラル工房”という塩屋があり工房見学ができます。有名レストランや菓子店がこぞって使うほど絶品のお塩は日本海が原料です。手間と時間をかけつくられた純白のお塩はまさに白いダイヤ。全部で3種類ありますので、スタッフと会話を楽しみながら自分に合ったお塩を探してみてはいかがでしょうか。

 

一期一会

​地魚を食べに行こう!

港町に来たら食べたくなるのが地魚。鮨処朝日屋では本格お寿司が手頃な価格で食べられます。のれんをくぐってまず驚くのは大将の声。200メートル先まではっきりと聞こえるぐらいの「いらっしゃいませー!!」はもはや名物です。

お席はカウンター、お座敷、テーブルと多様ですが、おすすめはカウンターと2階のテーブル席。オーシャンヴューでお寿司が食べられます。注文してほしいのは“地魚中心の握り”。実は庄内浜は日本で最も短い海岸線の1つで漁場がとっても狭いんです。それでも、複雑な海底地形により、市場に出回る魚種数は135種以上とかなり豊富。そのため、四季折々で旬の魚介が味わえる贅沢なところなんです。そんな魚介を食べやすくお寿司で召し上がれます。もしかしたら、見たことも聞いたこともない絶品魚介に出逢えるかもしれませんね。

「洋食で地魚を食べられるところないの?」という方には、向かえのチットモッシェ シーサイド店の地魚フライランチが一押しです。生魚が苦手な方はこちらをどうぞ。

いかがだったでしょうか。鼠ヶ関エリアには港町らしさがたくさんありましたね。散策するだけでもウミネコに遭遇したり、漁船があったり、軒先で魚を干していたりと、ならではの光景に出逢えます。あつみ温泉からのアクセスは路線バスやローカル電車があり、充実しているのもうれしいポイントです。旅の寄り道にユニークな港町鼠ヶ関をじっくり訪れてみませんか。